私が薄毛を受け入れるようになった経緯

私は40を超えた辺りから、薄毛になり始めました。

当初は焦りを覚え、育毛ヘアトニックを購入してケアをすることを始めました。

シャンプーも育毛効果が期待できそうなものに変え、ドライヤーを使うことも最小限に留めました。

また、昔から髪に良いとされていた、ワカメやヒジキなどの海草類も積極的に採るようになりました。

しかし、私の薄毛は留まるどころか、どんどんその範囲を拡大していきました。

そんな時に大学時代のサークル仲間と、20年ぶりに飲むことになりました。

その出席者の中に、私よりも薄毛の進んだ先輩がいました。

彼は、自分の薄毛を十分に認識しているらしく、このような一言を発しました。

「ハゲじゃ死なねー」

その言葉に、私は目の覚めるような衝撃を受けました。

言われてみれば、確かに薄毛が原因となる健康障害はありません。

また、薄毛により発病される病気も、これまたありません。

そうなんです、単に見た目だけの問題だったのです。

それ以来、私は薄毛に対して取っていた対策をすべて辞めました。

代わりに、その労力やお金を趣味や家族サービスに使うようにしました。

おかげで、自分のストレス発散になり、家族にも喜ばれるようになったので一石二鳥でした。

不思議なことにそれ以来、薄毛の拡大も停滞しています。

高い薬でも人によって効かないというのも聞きますし>つむじハゲフィンペシアfin.xyz

金言をくれた先輩に感謝しています。